Open Innovation Submission Portal

脳神経系に作用する素材を評価する技術

Request Number 100400 | Author Kobayashi

本ニーズに関するお問合せ
株式会社イェットツー・コム・アジア(小林製薬ポータルサイト担当)
Tel: 03-5217-0217
Email: kobayashi@yet2.com

締め切り日:2021/4/30
背景:

近年では高齢者の増加と共に、認知症が大きな社会問題となっています。認知症では脳機能の低下を直接的に反映した中核症状だけでなく、精神症状・行動異常からなる周辺症状への対処も求められています。弊社は機能性食品、中でもサプリメントを重点事業と位置付けており、長い年月を掛けて特徴のある抽出物および化合物ライブラリを構築してきました。それらを外部の研究者が持つ脳神経系、特に前頭葉の各種機能を評価する技術と組み合わせることで、今までにないサプリメントを開発することを目指しています。本募集ではin vitroまたはin vivoでの評価技術を持つパートナーを求めます。

求める技術:
  • In vitroまたはin vivoで脳神経系由来の各種症状に対するサンプルの効果を評価できる
    • (加齢に伴う)認知機能低下・不安/抑うつ・興奮・焦燥感・せん妄/妄想・幻覚/錯覚・判断力/理解力低下・意欲低下・精神機能低下・睡眠障害など
  • 独自性がある
    • 一般に広く知られているものは対象外とする
  • 現時点で評価系として確立されている
    • サンプルを評価する準備ができている
  • 評価技術の信頼性を示す証拠があれば望ましい。
    • (in vitroの場合)学術論文で分子レベルの作用機序が報告されている
  • 多数のサンプルを少量かつ短時間で評価できれば望ましい
期待する技術:

特に下記のような技術に期待していますが、その限りではありません。

  • 前頭葉の各種機能を評価する技術
  • セロトニン神経系やグルタミン酸神経系を評価する技術
対象とならない技術:

下記のような技術は今回の募集の対象外とします。

  • 臨床試験によって評価する技術
期待するパートナー:

例えば医学・薬学・理学分野などに属する下記のような研究者からの提案に期待していますが、その限りではありません。

  • 脳/神経科学に知見の深い研究者
提案者の機会:

有望な提案者に対して以下の機会をご提供いたします。

  • 共同研究もしくは研究委託(1件当たり最大で300万円)

 

 

==================================================================

以下の項目を提案テンプレートの「シーズの概要」欄にコピーしてお使いください
(カッコ内は注意書きです。 XXXの箇所に内容をご記入ください)。

  • 技術の特徴:(応募される素材の概要を記入してください)
    XXX
    1. サンプルを評価できる症状:(当てはまるものを下記から選択してください)
      (加齢に伴う)認知機能低下・不安/抑うつ・興奮・焦燥感・せん妄/妄想・幻覚/錯覚・判断力/理解力低下・意欲低下・精神機能低下・睡眠障害・その他(XXX)
    2. 開発段階:(直ちにサンプルを評価できる状況にあるなど、現時点での技術の完成度を記入してください)
      XXX
    3. 試験効率:(サンプル素材を準備・評価するために必要な時間を記入してください)
      XXX
    4. 費用:(サンプル素材を準備・評価するために必要な費用を記入してください)
      XXX
    5. 実績:(これまでにサンプルを評価したことがあれば、その概要を記入してください)
      XXX

画像や図表の表現が必要な場合は、応募フォームの最終ページ(追加情報)にて各種ファイルをアップロードしてください。