Open Innovation Submission Portal

血中の健康指標を非侵襲で測定する技術

Request Number 161958 | Author Kobayashi

本ニーズに関するお問合せ
株式会社イェットツー・コム・アジア(小林製薬ポータルサイト担当)
Tel: 03-5217-0217
Email: kobayashi@yet2.com

締め切り日: 2021/11/26
背景:

高齢者の生活の質(QOL)を保つためには病気の予防が望ましく、日常的に摂取する食品による対策が解決策の1つとして期待されています。弊社は機能性食品、中でもサプリメントを重点事業と位置付けており、独自性・差別性のある製品ラインナップを保有しています。中でも血糖・コレステロール・尿酸など健康診断の管理項目の数値に影響する製品に注力しているものの、現在のところ消費者が効果を実感し辛い状況にあります。そこで日常的に血中の健康指標を測定できるようにすることで、この問題に対処したいと考えています。

対象となる技術:
  • 非侵襲で血液中の以下のいずれかの成分が測定できる
    • 血糖
    • HbA1c
    • 血中コレステロール
    • 中性脂肪
    • 尿酸
    • 肝機能関連(AST・ALT・γ-GTP)
    • 腎機能関連(クレアチニン・eGFR)
    • 金属(Fe・Ca・Mgなど)
    • ホルモン
    • その他(これまでに測定することが難しかった指標)
  • ヒトで精度が検証されていれば望ましい
期待する提案:

例えば下記のような技術に期待していますが、必ずしもその限りではありません。

  • ウェアラブル端末に応用できる技術
対象とならない提案:

下記のような技術は対象外とします。

  • 測定結果が出るまでに長時間を要する技術
  • 分析に大型装置を必要とする技術
開発段階:
  • 技術コンセプトを実験室レベルで実証済み
  • 量産技術の検討済み
  • 製品として販売中
期待するパートナー:

例えば下記のような研究者や企業からの提案に期待していますが、その限りではありません。

  • 新規な血中成分の測定技術を保有しており、その社会実装を希望する大学や研究機関の研究者
  • 新規な血中成分の測定技術を元にした事業化を目指しているベンチャー企業
  • 新規な血中成分の測定技術の用途開発に取り組んでいる中小または大企業
提案者の機会:

有望な提案者に対して以下の機会をご提供いたします。

  • 共同研究/開発
  • 研究/開発委託
  • ライセンシング
  • 製品購入

この後に、ニーズ応募要項テンプレートを記述いただけますようお願いいたします。

以下の項目を応募フォームの「シーズの概要」欄にコピーしてお使いください(カッコ内は注意書きです。XXXの箇所に内容をご記入ください)。

  • 技術の特徴:(応募される技術の概要を記入してください)
    XXX
    1. 対象成分:(測定対象となる成分を記入してください)
      XXX
    2. 精度:(測定精度やこれまでの検証結果を記入してください)
      XXX
    3. 独自性:(類似技術と比較した優位性があれば記入してください)
      XXX
  • 開発段階:(応募される技術の開発段階を以下から選択してください)
    技術コンセプトのみ, 技術コンセプトを実験室レベルで実証済み, 量産技術の検討済み, 製品として販売中, その他(XXX)
  • 特許権:(提案者もしくは第3者による特許の取得状況を記入してください)
    XXX

画像や図表の表現が必要な場合は、応募フォームの最終ページ(追加情報)にて各種ファイルをアップロードしてください。